ANCHOR | HUMAN PERFORMANCE COMPLEX
Menu

コラム

接骨院と整骨院は違いを理解して選択することが重要 

「接骨院か整骨院に通いたいけど、どちらを選べばよいかわからない」と悩んでいませんか。名称が似ているため、混乱してしまいますよね。どちらかに思い切って通うことはできますが、目的と合致していなければ適切な施術を受けられません。いずれかへの通院を検討している方は、両者の違いを理解しておきましょう。

このページでは、接骨院と整骨院の特徴や健康保険適用の可否などを解説しています。以下の情報を参考にすれば、両者の違いを理解してどちらへ通院すればよいかがわかるはずです。トレーニング中の怪我などで、接骨院または整骨院への通院を検討している方は参考にしてください。

 

 

接骨院とは

接骨院は、柔道整復師という国家資格保有者が施術を行っている施術所です。具体的に、どのような特徴があるのでしょうか。

 

柔道整復師とは

接骨院で施術を行う柔道整復師は、外から加わった力によって起きたことが明らかな骨折や脱臼・打撲・捻挫・挫傷などに対し、治癒力を引き出す施術を行う専門家です。具体的には、整復・固定・RICE処置(急性期の怪我に対して安静・冷却・圧迫・拳上)などの非観血的療法を行います。非観血的療法とは血が出ない内科的治療、整復とは骨折や脱臼などを元の状態に戻すことです。接骨院では、主にこれらの施術を受けることができます。

 

一部の施術は保険が適用される

接骨院の施術には、健康保険が適用されます。具体的には、外から加わった力によって起きたことが明らかな怪我(急性または亜急性)に対する施術に対して適用されます。ただし、応急手当を除く骨折と脱臼に対する施術は医師の同意が必要です。したがって、打撲や捻挫・挫傷に関しては、医師の同意がなくても健康保険が適用されます。

反対に、慢性的な肩こりや五十肩、トレーニング後の筋肉痛、医療機関で治療中の怪我などに関しては保険を適用できせん。つまり、一部の整骨院が実施している疲労回復を目的とするマッサージなどは、健康保険の対象外となるのです。

 

 

整骨院とは

整骨院も柔道整復師の施術を受けられる施術所です。どのような特徴があるのでしょうか。

 

骨折・脱臼などに対して施術を行う

整骨院では、急性・亜急性の外傷性の骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などに対して、柔道整復師が行う整復・固定などの施術を受けられます。柔道整復師が行う施術は、日本の伝統医学に西洋医学が融合して江戸時代に誕生したものです。

 

外傷性が明らかな負傷は健康保険を適用

整骨院が行う、外傷性が明らかな負傷に対しては、健康保険が適用されます。つまり、外傷性が明らかな骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などに対しては保険が適用されるのです。ただし、応急手当以外の骨折・脱臼に対する施術に関しては、医師の同意を必要とします。

 

 

両者の違いを紹介

接骨院と整骨院の特徴は以上の通りです。それぞれの特徴を見てわかる通り、名称が異なるだけで施術の内容や健康保険適用の対象などは同じです。基本的には、同じ施術所と考えてよいでしょう。ちなみに、柔道整復師法で定義されている施設の名称は「ほねつぎ」または「接骨」です。しかし、一部の地域では行政判断により「整骨」の使用も認められています。いずれにせよ、両者に大きな違いはありません。

 

 

接骨院と整骨院は基本的に同じ施術所

以上、接骨院と整骨院の違いを解説しました。いずれも柔道整復師の施術を受けられる施術所です。名称は異なりますが、受けられる施術内容や健康保険適用の可否に違いはありません。名称にこだわらず、通いやすいところへ通うとよいでしょう。

 

ANCHORではパーソナルトレーニングやフリートレーニングも行っております。

仙台でジムを探している方はコチラからご覧ください。

完全予約制

初回体験のお申し込みは
まずはお気軽にお問い合わせください

022-721-0350

平日9:00~21:00(電話対応12:00~21:00)
土日祝 10:00~19:00

お問い合わせ・初回体験申込

閉じる