すぽーつ塾

すぽーつ塾の想い

私たちフィジックはこれまで様々な競技をスポーツトレーナーとしてサポートしてきました。主には高校・大学・社会人に対するトレーニング指導、怪我の評価と応急処置、競技復帰のリハビリテーションなどがあげられます。トレーナーとしての活動に際し、選手や指導者、保護者の方々とお話しさせて頂く機会に恵まれました。その中で、ある想いが生まれました。

子どもの頃に「走る」、「跳ぶ」、「投げる」などの基礎的動作を適切に身につけることで、子どもたちの可能性はもっと広がる!

子どもの頃に「あいさつをする」、「時間を守る」、「掃除をする」などの礼節を習慣化させることで、学びの姿勢が身につき子どもたちの未来が広がる。

子どもに「遊ぶ時間」、「遊べる空間」、「遊ぶ仲間」の環境を大人の私たちが保証することで、子どもたちの健康課題の改善と、課題解決能力を高め、日本の社会を元気にできる。

これらの想いを形にしたのが「すぽーつ塾」です。

子ども達の現状

文部科学省が行っている「体力・運動能力調査」によると、現在の子どもの体力・運動能力の結果をその親の世代である30年前と比較すると、ほとんどのテスト項目において、子どもの世代が親の世代を下まわっています。一方、身長、体重など子どもの体格についても同様に比較すると、逆に親の世代を上回っています。

身長・基礎的運動能力の比較

  男子 女子
親の世代 今の子ども達 親の世代 今の子ども達
身長(cm) 143.2 145.1(+1.9) 145.5 146.8(+1.3)
50m走(秒) 8.8 8.9(+0.1) 9.0 9.2(+0.2)
ソフトボール投げ(m) 34.0 27.9(-6.1) 20.5 16.4(-4.1)

※親の世代は昭和60年度の11歳(さい)、今の子ども達は平成26年度の11歳(さい)
※全角平均値は小数点以下第2位で四捨五入しています。

つまり、今の子どもたちはからだのサイズは大きいが、機能は高まってない。さらに、それをコントロールする能力が育っていないということです。身のこなしの悪さや動きの不器用さもその現れです。

これらの直接的な原因として次の3つがあげられます。

1. 学校外の学習活動や室内遊び時間の増加による、外遊びやスポーツ活動時間の減少 
2. 空き地や生活道路といった子ども達の手軽な遊び場の減少 
3. 少子化や、学校外の学習活動などによる仲間の減少

週3日以上、運動やスポーツを実施する子どもの割合(%)の比較

男子 女子
親の世代 今の子ども達 親の世代 今の子ども達
71.2 61.1(-10.1) 56.3 36.2(-20.1)

※学校での体育の授業を除く
※親の世代は昭和60年度の11歳、今の子ども達は平成26年度の11歳

今日の社会においては、屋外で遊んだり、スポーツに親しむ機会を意識して確保していく必要があり、特に保護者の皆様が子どもを取り巻く環境を十分に理解し、積極的に体を動かす機会を作っていく必要があります。

すぽーつ塾4つの活動

  • 1.外遊びやカラダを動かす機会づくり
  • 2.発育発達に合わせた運動プログラムの提供
  • 3.躾三原則に基づいた魅力ある人格形成
  • 4.地域や年齢の垣根をこえた仲間との触れ合い

すぽーつ塾では子どもたちの主体性を大切に「からだ」と「こころ」を育み、子どもたちが15年後の社会で活躍するための基礎をつくります。

すぽーつ塾 5つの約束詳細はこちら

時を守る

時間を守る。他人の時間を大切にする。

場を清める

清掃活動を徹底し、身の回りのすさみを無くす。

礼を正す

きっちりとした挨拶をする。相手より先に挨拶をする。

挑戦する

成功の反対は何もしない。失敗は成功の途中に必ずある。

協力する

他者と協働して課題を解決する。

仲間たちと共に過ごし、共に学ぶ中で「5つの約束」を大切にし、
礼儀やルールを身につけ、カラダを育むだけでなくココロも育んでいきます。

  • システム・料金表
  • アクセス

インスタグラム

協賛

すぽーつ塾へのお問い合わせはこちら

022-721-0350

受付時間:平日10:00~21:00 / 土日10:00~19:00
定休日:不定休

お問い合わせ

【トレーニング・すぽーつ塾・学童保育】

022-721-0350

平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:00
定休日:不定休

【接骨院】

022-724-7998

平日12:00~21:00 土曜10:00~17:00
定休日:日曜・祝日

メールでのお問い合わせ

スタッフ紹介

新着情報

関連施設のご案内

オンラインショップ

採用情報

ページの先頭へ戻る