すぽーつ塾

  • プロ野球12球団の生まれ月

  • Jリーグ18クラブの生まれ月

上記のグラフは、プロ野球とJリーグに所属する選手の四半期ごとの生まれ月を比較したものです。
4-6月生まれの選手が1-3月生まれの選手の約2倍多いことが分かります。

近年、子ども達の体力の二極化が問題となっています。運動の上手な子どもは熱心な指導を受け、さらに上達する一方、運動が苦手な子は適切な指導の機会すら与えられずますます運動が嫌いになります。

当施設では学校体育では目の行き届かない部分を補い、全ての子ども達に「平等な機会」と「成熟度合い」に合わせた運動プログラムを提供しています。

「能力」が広がる。

運動スキルを土台としたスポーツスキル

運動スキルはスポーツスキルの基礎となり、スポーツをする前の習得を必要とされている。
具体的には「走る」、「跳ぶ」、「投げる」、「蹴る」、「打つ」、「泳ぐ」などの基礎的な運動があげられます。

それに対して、スポーツスキルは運動スキルを土台とした特定の競技に必要なスキルのことをいいます。
具体的には野球のピッチングやバレーボールのアタック、陸上競技の砲丸投げなどの特定の競技における運動があげられます。

我々はスポーツトレーナーとしてプロ・社会人・大学・高校の様々な競技のサポートをしてきました。

ある特定の競技の技術(スポーツスキル)は優れていても、ボールを肘の動きだけで投げる選手、走る時に手を横に振る選手、ジャンプする時に腕を振らずに跳ぶ選手などを見てきました。

これは小さい時に様々な運動を経験することなく、特定の競技のスキルのみを学んだ結果だと考えられます。

以前はスポーツを始める前に、自然の中での外遊びで基本的な運動スキルを獲得していたのですが、子ども達を取り巻く環境の変化によってその機会が減ってしまいました。

子どもの頃に全てのスポーツの土台となる運動スキルを身につけることは、将来の競技力向上につながります。

また、運動スキルを身につけておくことで、長い競技人生で競技を転向することもできます。実際に競技を転向したことでオリンピックに日本代表として参加した日本人アスリートが何人もいます。

「社会」が広がる。

子ども達の現状

文部科学省が行っている「体力・運動能力調査」によると、現在の子どもの体力・運動能力の結果をその親の世代である30年前と比較すると、ほとんどのテスト項目において、子どもの世代が親の世代を下まわっています。一方、身長、体重など子どもの体格についても同様に比較すると、逆に親の世代を上回っています。

身長・基礎的運動能力の比較

  男子 女子
親の世代 今の子ども達 親の世代 今の子ども達
身長(cm) 143.2 145.4(+2.2) 145.5 147.1(+1.6)
50m走(秒) 8.8 8.78(0.02速い) 9.0 9.12(0.12遅い)
ソフトボール投げ(m) 34.0 27.4(-6.6) 20.5 16.5(-4.0)

※親の世代は昭和60年度の11歳、今の子ども達は平成27年度の11歳
※全角平均値は小数点以下第2位で四捨五入しています。

つまり、今の子どもたちはからだのサイズは大きいが、機能は高まってない。さらに、それをコントロールする能力が育っていないということです。身のこなしの悪さや動きの不器用さもその現れです。

これらの直接的な原因として次の3つがあげられます。

1. 学校外の学習活動や室内遊び時間の増加による、外遊びやスポーツ活動時間の減少?
2. 空き地や生活道路といった子ども達の手軽な遊び場の減少?
3. 少子化や、学校外の学習活動などによる仲間の減少

週3日以上、運動やスポーツを実施する子どもの割合(%)の比較

男子 女子
親の世代 今の子ども達 親の世代 今の子ども達
71.2 61.1(↓10.1) 56.3 36.2(↓20.1)

※学校での体育の授業を除く
※親の世代は昭和60年度の11歳、今の子ども達は平成26年度の11歳

上記の表を見ると、今の子ども達は体格こそ優っているが、基本的な運動能力(走・跳・投)が格段に低く、自分のからだを操作することが困難になっています。これらの原因として、昔に比べて生活が便利になったことや室内でのゲーム遊びによる外遊びの機会の減少、身近な遊び場の減少、塾通いで自分で選べる時間や少子化で友達と群れる機会が減少していることが考えられます。

当施設では「運動する時間」、「運動する空間」、「運動する仲間」を提供し、子ども達の社会を広げる環境づくりを応援しています。

「未来」が広がる。

優れた人格・人間力

自立した人間は「人格」を土台として、自らの持つ能力を発揮し、未来を切り開きます。成果を生み出す仕事力と、人としての人間力のバランス。どんなに素晴らしいスキルを持ち成果を出していても、その人の持つ「人間力」が未熟だと、幸せにはつながりません。

今日の社会においては、屋外で遊んだり、スポーツに親しむ機会を意識して確保していく必要があり、特に保護者の皆様が子どもを取り巻く環境を十分に理解し、積極的に体を動かす機会を作っていく必要があります。

すぽーつ塾 5つの約束詳細はこちら

時を守る

時間を守る。他人の時間を大切にする。

場を清める

清掃活動を徹底し、身の回りのすさみを無くす。

礼を正す

きっちりとした挨拶をする。相手より先に挨拶をする。

挑戦する

成功の反対は何もしない。失敗は成功の途中に必ずある。

協力する

他者と協働して課題を解決する。

仲間たちと共に過ごし、共に学ぶ中で「5つの約束」を大切にし、
礼儀やルールを身につけ、カラダを育むだけでなくココロも育んでいきます。

  • システム・料金表
  • アクセス

インスタグラム

協賛

すぽーつ塾へのお問い合わせはこちら

022-721-0350

受付時間:平日10:00~21:00 / 土日10:00~19:00
定休日:不定休

お問い合わせ

【トレーニング・すぽーつ塾・学童保育】

022-721-0350

平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:00
定休日:不定休

【接骨院】

022-724-7998

平日12:00~21:00 土曜10:00~17:00
定休日:日曜・祝日

メールでのお問い合わせ

スタッフ紹介

新着情報

関連施設のご案内

オンラインショップ

採用情報

ページの先頭へ戻る